ウォーキング・ポイントプログラム開始

「健康づくりからまちづくり

ウォーキング・ポイントプログラム開始

プローバホールディングス × 三原商栄会連合会連携

 

株式会社プローバホールディングス(本社:広島県広島市、代表取締役社長:平本直樹)と三原商栄会連合会(三原市、連合会会長:川西和雄)は、プローバホールディングスが三原市城町で運営するフィットネス施設「ラボラトリオ」の会員向けサービスとして、歩いた歩数を三原地域限定で利用できるポイント「三原うきしろポイント」に交換する事業を4月1日よりスタートさせる。事業主体はプローバホールディングスで、三原うきしろポイントとの連携を三原商栄会連合会が行う。

 

1.取組開始日 平成30年度 4月1日

 

2.取り組み内容

「ラボラトリオ」の会員は専用の活動量計を身に付けてウォーキングや普段の生活で貯めた歩数を施設内の端末で記録し、翌月に前月分の歩数2000歩につき1ポイントの三原うきしろポイントとして受け取れる仕組み。三原うきしろポイントは三原市内の約60店舗の加盟店舗で1ポイント1円として利用できる。また、歩数データは会員の健康指導にも活用される。

※加盟店舗数:平成30年2月末現在約60 店舗(うち,ポイント利用端末設置済34 店舗)

 

3.目的

・プローバホールディングス

「健康づくりからまちづくりへ」をスローガンに掲げ、今回スタートする施設会員向けサービスの他、将来的には企業向け健康経営への応用も視野に入れている。今後は三原商栄会連合会と協力して、三原うきしろポイントの利用促進と加盟店の増加による地元経済の活性化を目指す。

・三原商栄会連合

地域でのみ流通・消費できるポイントによる地域内の経済循環及び地域経済の活性化をめざし、健康に関心ある層を地元商店街の経済に繋がるきっかけを作り、加盟店舗拡大やポイント利用向上を図る。